【学習分析学会】-powerd by chiegumi.jp

【学習分析研究会】

今後、4回の開催を予定しています。

開催スケジュールはこちら

2018年11月17日 13:00~16:00

学習分析学会(JASLA)2018年度 第2回研究会

会場:上智大学 市谷キャンパス 本館102
東京都千代田区四番町4−7

参加予定者の意気込み

2018年11月17日 13:00~18:00

JASLA 2018年度 第2回研究会(発表申込用)

会場:上智大学 市谷キャンパス 本館102
東京都千代田区四番町4−7

参加予定者の意気込み

2018年12月15日 11:00~17:30

ディープラーニングによる時系列データ解析入門【導入編】

会場:株式会社フォトロン 会議室
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング21階

参加予定者の意気込み

2019年2月2日 10:30~17:45

ディープラーニングによる時系列データ解析入門【実践編】

会場:株式会社フォトロン 会議室
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング21階

【満員】研修の効果を飛躍的に向上する「行動定着型研修の作り方

開催日時 2017年9月6日(水)10:00~17:00
会場 明治大学 駿河台校舎 紫紺館 S3会議室
千代田区神田小川町3-22-14
地図
参加費 ■会員 30,000円 ■非会員35,000円 (税込/テキスト代込)
内容

※申込を締め切りました※

【講座概要】
『人材育成担当者のための絶対に行動定着させる技術』の著者・永谷研一氏が講師の研修担当者必見の講座です。
研修がやりっぱなしになっていませんか?
研修実施後、受講者の行動変容をしっかり確認できていますか?研修成果を測れていますか?
今話題の「生産性向上」をもたらすためにも、研修で学んだ内容を現場での行動に繋げていく必要があります。
どのように目標を立てさせたらいいのか
どうしたら行動を定着させることができるのか
経験から学び続ける自律型人材はどう育成するのか
どのように組織横断型のチームを活かしていくか
研修のエビデンスとは何で、どう活用するか
その事例とノウハウを学ぶ講座です。

【プログラム内容】
 1.研修がなぜやりっぱなしになるのか
 2.教育効果測定の基礎
 3.現場を巻き込むためには
 4.揺らぎのない目標設定手法
 5.行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」
 6.ICTを活用した育成の仕組み作り
 7.フォローの生産性を上げるには
 8.人の成長カルテを作ろう