【学習分析学会】-powerd by chiegumi.jp

【基盤教育研究会】

今後、1回の開催を予定しています。

開催スケジュールはこちら

2018年10月11日 10:00~18:00

教育効果測定の基本コース

会場:明治大学 駿河台校舎 紫紺館 S3会議室
千代田区神田小川町3-22-14

参加予定者の意気込み

ディープラーニングによるLAワークショップ合宿

開催日時 2018年3月17日(土)12:00~21:00
会場 伊予ロッヂ
山梨県北杜市高根町清里3545
地図
参加費 会員:20,000円/非会員:25,000円
内容

LMSや電子教科書などを用いて収集する大規模な学習履歴データは、従来の統計解析ツールの適用が難しい一方、最近注目されている「ディープラーニング(機械学習)」を用いて分析・識別することができます。
このワークショップでは、一般に利用可能なPythonが使えるデータ分析ツールを使用して、以下の学習目標と学習項目、および学習方法で学習履歴データの分析手法を学びます。

【学習目標】
本ワークショップでは、Pythonを用いてディープラーニングが利用できるデータ分析ツールを使用し、学習履歴データの分析手法を学びます。
 ・学習履歴データの種類と分析方法について学びます。
 ・実際にツールを用いて学習履歴データを分析し、その分析能力を体感します。
 ・学習分析に必要なツールの使い方と機械学習を用いた分析の仕方を覚えます。
 ・ワークショップで学習した手法を他のデータで分析できるようになります。

【学習項目】
 ・学習履歴データの種類と分析方法の概要
 ・Pythonによるデータの基礎分析の仕方
 ・Pythonによる機械学習を用いた分析の仕方
 ・グループワークによるメンバーとの情報交換
 ・グループによる成果発表

【学習方法】
教育現場で収集された実データを使い、グループワークを通して、各自のPCで学習分析の基礎を体験してもらいます。

【開催日】
 2018年3月17日(土)~18日(日)

【スケジュール(予定)】
 ◆3月17日(土)
  12:00 集合
  14:00 ハッカソン開始(チュートリアル、チームビルディング)
  15:00 各チーム作業開始
  19:00 夕食
  21:00 中間報告
 ◆3月18日(日)
  07:00 朝食
  11:00 成果報告会
  12:00 昼食
  13:00 解散
※会議室は24時間利用可能

【定員・締切日】
 定員:30名

【お申込み締切】
 2018年2月28日(水)18:00

【参加の前提条件】
 ・学習分析に興味がある
 ・Pythonが使えるデータ分析ツールをインストールしたコンピュータを持参できる

【参加に際してのお願いとご確認】
 ・館内は無線LANを完備しています。
 ・写真等記録情報の使用許諾のお願い
 小会では、広報活動及び会員サービスの向上に活用するため、ビデオ撮影、音声収録、写真撮影、受講アンケートを実施しています。これら映像、音声、画像、コメント(以下、記録情報)は、小会の関わるWebコンテンツ及び紙媒体の配布資料等に活用させていただく可能性があります。
 小会活動へのご参加は、記録情報の活用にご承諾いただけたものとさせていただきます。

【キャンセルについて】
 申込後のキャンセルは、早めにご連絡ください。開催の5日前より以下のキャンセル料金が発生いたします。なお、キャンセル料に関しては、後日請求となります。
 ・開催3日前のキャンセル料は、参加料の30%
 ・開催2日前~前日のキャンセル料は、参加料の50%
 ・開催日当日の不参加は、参加料の100%

詳細は学習分析学会Webサイト内の告知ページをご覧ください。
http://jasla.jp/event/hackathon001/

みなさまのご参加お待ちしております。